プリザーブドフラワーの特徴

フラワー業界で革新的なヒットとなったプリザーブドフラワーは、フレッシュフラワー(生花)を専用液で水分を抜きあらためてカラーリングするお花のことです。かさかさとした印象のドライフラワーやお花を模したアートフラワーなどと違い、生きたお花そのままの美しさを半永久的に楽しむことが出来ることが最大の魅力でしょう。フレッシュフラワーはナチュラルなキレイさがありますが、後から色を入れることで鮮やかな色を楽しめるのはプリザーブドフラワーにしかない美しさです。この手法は古くから行われていたようですが、1991年にフランスのヴェルモント社が商品として販売したことから世界中に広まりましたが、「枯れない花」として日本でも定番のフラワーとなっています。水分や湿気と直射日光にさえ気をつければいつまでも美しく飾ることが出来るので、記念日の贈り物やお見舞いなどに喜ばれます。

プリザーブドフラワーは魅力が沢山あります。

プリザーブドフラワーは沢山の魅力があります。まずは、パッと見ただけでは生花なのか、プリザーブドフラワーなのかわからないです。まるで生花を飾っているように見えるのです。本物とほとんど変わらないのに手入れの必要は全くありません。これはとても便利で良い点です。そして水やりの必要がないので、長期間家を空けるときも何の心配もありません。実家に帰省したり旅行に行くなどして、数日間家を空けることがある人は沢山います。そんなとき、生花なら枯れてしまいます。でもプリザーブドフラワーなら枯れる心配はありません。何も気にせず家を空けることができます。他には、生花ではないので花粉の心配もないです。最近はアレルギーを持っている子供もとても多いです。だから花粉が出ないことは良い点です。また最近はアロマオイルで香りをつけて楽しむことも出来ます。いい香りがして、まるで本物の生花のようです。

プリザーブドフラワーの魅力

プリザーブドフラワーはよくパチンコ屋が開店した時に置かれている花とかに使われています。そのほかにもブーケなどもそうです。花や草を特殊な液に漬けておき、しっかりと水分を抜いてから形にしいていきます。プリザーブドフラワーに幾つかのいい点があります。例えば、水をあげなくていいので、イベントなどに向いています。水をあげる手間などがなくなります。そしてその辺に咲いてる花にも負けないぐらい綺麗で、色落ちなどもほとんどありません。そして保存状態が良ければ長期間置いておくことも可能です。自然の花は花粉を持っていたりするのですが、全く花粉を感じません。家の机に置いておくだけでも気持ちも穏やかにしてくれて、素敵な空間を作り出してくれます。良いところもあるのですが、やはり短所もあります。崩れやすかったり、紫外線にあたっていると色落ちなどもあります。あとは値段が少し高めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

*