長持ちするプリザーブドフラワー

何かプレゼントをするときやお祝いのときなどに、お花を渡す機会というのはたくさんありますが、生花はどうしてもすぐに枯れてしまうという欠点があります。もちろんその咲いている期間を大切にすることと、お世話をすることに意味があるとおっしゃる方もいらっしゃいますが、できればきれいが長持ちする方がいいと思うことはないでしょうか。そんなときに登場したのが、プリザーブドフラワーです。これは生花を特殊な加工にしたもので、見た目は生花となんら変わりはありません。また何年も持つということでとても人気が高まっています。少々値段は高めにはなってしまいますが、プレゼントやお祝いに渡すというのがとても人気で、花屋さんでも生花とプリザーブドフラワーがどちらも売られているという状態が続いています。よって、これからももっと手に入れやすい価格でプリザーブドフラワーが出てくるかもしれません。

母の日にプリザーブドフラワーを贈りました。

プリザーブドフラワーはプレゼント用に購入する人が多いです。実際に母の日のプレゼントに購入したことがあります。母の日といえばカーネーションですよね。でもカーネーションは数日経てば枯れてきます。ずっとそのままの状態で残すことはできません。でもプリザーブドフラワーならずっと飾っておけます。実際に母の日でも、カーネーションの隣にプリザーブドフラワーが並んで売られているのをよく見かけます。値段もカーネーションの大きい鉢植えとあまり変わりません。だから買いやすいです。枯れないので水やりの必要もありません。もらった方も何も手入れをしなくていいのでラクですよね。特に高齢の母親には手入れをしないものはいいです。高齢になると体を動かすのもしんどい人がいるので、そのままの状態で飾っておけるのはいいですよね。種類もたくさんあるので選ぶのも楽しいです。

人気が高まるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは生花を特殊な薬剤で加工したものです。生花よりも長持ちし、色も様々に調整できます。また、もともとは生花なので、従来の造花より自然な印象を与えることも特長です。このようなことから、現在色々な使い道が広がっていて、人気も出てきています。長期保存が利くという点から、ウエディングフラワーや記念日の贈り物などに向いています。また自宅用としても、水変えの手間などがないので、とても便利です。まだ、限られた種類の花しか加工されていませんし、基本的には茎の無い状態です。ですから、1本そのままを飾るということは難しいので、アレンジメントなどの形状で売られていることが多いでしょう。これから、ますますプリザーブドフラワーは人気が高まることでしょう。現在は一部の花屋や百貨店、ネット上の専門店などで購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)